北陸、金沢の食べ放題のお店、気になるお店を紹介します。
福梅 2015年
2015年01月06日 (火) | 編集 |
【商品名】 福 梅

  2015年お正月を締めくくりたくて
  金沢のお正月の和菓子
  福梅をいっぱい買って来ました。
ca04143.jpg
  福梅とは:
   江戸時代、加賀藩前田十代目藩主に、新春の茶席で献上された正月の茶菓子
   として伝えれれたのが始まり、それが、金沢城下に広まって
   前田家の家紋(剣梅鉢)の形となり、紅白の方が縁起が良いのではないかと
   言うことで、今の形になったんだと 

    金沢に古くから伝わる、お正月には欠かせないお菓子
2015年 吉日

 お正月になると、やっぱり買ってしまう福梅

 今年は新しくなった金沢百番街あんとさんで
 1個買の出来る福梅を買って来ました。

ca04120.jpg 
雅風堂  1個 141円(税込) 
       直径50㎜ 普通サイズ

ca04121.jpg 
 包み紙ののりがきつくて、福梅を取り出すのに苦労
 福梅の表面がツルツルで、かためだから
 焦らなくても大丈夫でした。

ca04122.jpg 
 モナカがしっかり固め 粒あん柔らかくあまいです。


ca04123.jpg 
越山甘清堂 1個 151円(税込) 
      直径 50㎜ 普通サイズ

ca04125.jpg  
 やっぱり越山さんですね
 福梅らしい上品な形、そして、上にかかった粉砂糖

ca04126.jpg

 中の餡は小豆の香りほのかに香る、粒あん
 あっさり味のチョイ固め

 もちろん、周りのモナカもサクサク

ca04127.jpg 
 村上 1個 173円(税込)
         直径 50㎜ 普通サイズ

  福梅にしては、現代風な包装形態

ca04128.jpg 

 取り出してみても・・・
 ここまでしなくても と 思うのは私だけ?

ca04129.jpg 
 モナカと餡に大きく隙間が・・・・

 金沢のお正月で私が食べる福梅としては・・・・・

 観光客用の金沢観光のお土産的な福梅としては、
 つぶれないし、持ち運びにも良く良いのかな

ca04130.jpg 
金沢 うら田 1個141円(税込)
     50㎜普通サイズ
     
 
ca04131.jpg 
 普通サイズなんだけど
 丸くてちょっと小さくかわいらしく見えます。

ca04132.jpg 
 まわりのモナカがサクサク
 中の粒あんが隙間なく詰まっててちょい固め
 あずきの香りと、上品な甘さ
 金沢和菓子屋さんの福梅って感じです。

ca04133.jpg 
 森八  1個 151円(税込)
    50㎜普通サイズより小ぶり
ca04134.jpg
 あちゃちゃ~~~~

 新年早々、どじっちゃいました。
 すいません。

ca04135.jpg
 森八さんの粒あん、どっしりと良い甘さとかたさ
 餡の色もチョイ黒めで、モナカのサクサクと調和して
 
 私的にはすっごく美味しいのです。

  昔からの和菓子の老舗
  でも、一時は再起不能になり
  またまた、昔の味を守りながら
  立ち上がって来た森八さんですよね


ca04136.jpg 
 柴舟 小出  1個141円(税込)
    50㎜標準サイズ

ca04137.jpg

   表面に粉砂糖が多目だから
   開くときは注意です

   形はちょい角張、男っぽい福梅

ca04138.jpg 
 餡はどっちかというと、ちょいかためで、ちょい甘い
 まさに微妙な、人それぞれの好みの世界ですよね

ca04139.jpg 
たろう 1個 140円
    50㎜ 標準サイズより小ぶり

ca04140.jpg 
 小ぶりで真ん丸い感じ

ca04141.jpg
 粒あんで、あっさり甘い上品な味かな
 あずきの香りがして美味しいです。


 金沢百番街で単品売りしていた福梅を
 7店舗から買って来て食べたのですが

 私的に今年一番だった福梅は

 金沢 うら田さんで~す。


 だってね
 各お店で福梅を2個ずつしか買わないので
 お店のスタッフさんは、小袋に入れて渡されるのです。
 だから、だんだん手に持ってる福梅が膨れ上がって

 そんな時、うら田さんのスタッフさんが

 「よろしかったら、その細かい小袋
   一緒にまとめて入れられますか?」と
 

 もう感激
 「いいんですか?」と、言いながら

ca04142.jpg
 


 スタッフさんにすれはちょっとした
 何でもない小さな心遣いだと
 思うのですが、私にとっては
 その言葉が、すっごく嬉しくて

 そのことって
 時間と共に良い思い出になるんですよね

 「そうそう、去年ね・・・」なんて

ca04035.jpg 
 その時、見つけて
 思わす買った上生菓子

 その後、やーくん
 家の近くにあるうら田さん本店で
 上生菓子、フルセット買って実家に持って行きました。

 私も今年は
 小さな心遣いを目指して、頑張るのだ!

追 伸

 年末ジャンボ宝くじ
 私毎年1枚だけ買うんだけど、
  な! なんと 当たりました~~~

  300円・・・・ 一応 ドローです。

 あ!
 月天心さんの福梅、忘れてました。

ca04144.jpg 
 月天心 1個 お値段忘れましたか高かったような

ca04145.jpg 
 表面はツルツルタイプで~す。

ca04146.jpg 
 餡は粒あん、ちょい柔らかめで
 甘さ控えめ
 小豆の香りがして美味しかったです。

 
 


上生菓子
2015年01月02日 (金) | 編集 |
【商品名】上生菓子
  2015年 お正月、年の初めに欠かせない
  私のこだわりの一品
ca04037.jpg

 お祝い事があれば、茶席に出される事が多いのですが
 私は、お正月に食べる上生菓子が一番

 
2015年 吉日

 お正月の御茶うけとして
 私は必ず買ってくる上生菓子

 抹茶と食べるのが一番日本的で精神的には良いのですが
 茶道となるとかたっ苦しく、抹茶をたてるのも邪魔だから
 普通に熱いお茶と一緒に食べるのが一番
 

 大切なのは、気持ち、気持ち

  「良い年で有りますように」と、考え食べる とか
  色々と、前向きな事を考えながら食べる とか
  邪念無き、澄んだ心で食べる とか
  欲望、満々で食べる とか・・・・

  その時の、気分によって
  一年の最初に食べるのが上生菓子

ca04035.jpg
 金沢うらたさんの上生菓子

   干支(ひつじ)、かがやき

  この上生菓子を見た瞬間
  「うそ~ すごい」と 
  思わず買ってしまいました。

ca04038.jpg 
 食べるのがもったいなくて
 10分近くにらめっこ
 
ca04036.jpg 
 月天心さんの上生菓子

 

 2015年 今 始まったばかりです。

 
  
  

黒百合
2013年05月08日 (水) | 編集 |
【店 名】 黒百合
【住 所】  石川県金沢市木ノ新保町1-1
           金沢百番街 あじわい館
【電 話】 076-260-3722
  
【営業時間】 9:30~21:30(LO)
      
c94720.jpg

    小旅行へ行く前、夜ご飯を軽く食べに入りました。
2013年5月2日  PM21:00頃

  「ジジ!夜行バスに乗る前に、チョッとだけ軽く夜ご飯を食べに
  金沢百番街にある、黒百合さんへ行こうか?」

  「黒百合さんって、どこにあるん」と、やーくんの後をついて行く私
 
  「ここ、ここ、まだ 開いてるみたいだし、入るね」と
 
 c94714.jpg
 
  黒百合さんは、おでん屋さん・・・・  居酒屋さん??
  ここで、夜ご飯食べるの?

  やーくん、お酒 飲めないのでは??

  「あつかんを飲みながら、ゆっくりするのもたまには良いよね~」
  と、勝手に想像しながらお店の中へ

 c94713.jpg
  カウンターに座り
  「ジジ、夜ご飯だよ、お酒飲んでも良いよ」と、言われつつ
  定食のメニューを開いて

 「やっぱり、春らしいお料理を食べなきゃね~」と

 c94715.jpg
   やーくんの 季節かわり定食 980円  ごはんは、茶飯
 
 c94716.jpg
   私の同じ  季節かわり定食   980円

  でも、ご飯が違うけど・・・・・
 
 c94717.jpg
   白身魚に梅肉ソース とか
 
 c94718.jpg
  春の山菜とかを、ちょちょっと、食べて 終了

    ふむふむ、和食だね~~~  ものすごく少ないね

    今から、夜行バスに乗るからこれぐらいで良いけど
 
c94719.jpg 
  やーくんが追加した 冶部煮 850円

  黒百合さんの冶部煮、な!なんと 鴨肉が3切れも入ってて
  金沢的な冶部煮です。

        最近、金沢伝統の冶部煮と言いながら、
        鶏肉が入っているお店もあるしね

        850円とは、もしかしたら安いかも
 
 c94721.jpg
  
  金沢旅行へ来た人とか、
  金沢のお料理を、ちょっとだけ食べたくなったら良いかもね
   
   しか~し、やっぱし
   居酒屋さんへ来たら、

   クィ~ と、いも焼酎飲んで、おでんを食べるのが一番 なのだ

   なんで、居酒屋さんで、定食を食べるん ・・・・・
   どうしても、納得がいかない私でした。

  

   次回は小旅行中に入った、食べ放題のお店で~す。

 


福梅
2013年01月11日 (金) | 編集 |

【商品名】 福 梅

  2013年お正月を締めくくりたくて
  金沢のお正月の和菓子
  福梅をいっぱい掲載しました。

  注意:福梅はそんなに1度には
      食べれませんよ
      一人6個ぐらいが限界かと・・・
  
c92857.jpg

   福梅とは:
   江戸時代、加賀藩前田十代目藩主に、新春の茶席で献上された正月の茶菓子
   として伝えれれたのが始まり、それが、金沢城下に広まって
   前田家の家紋(剣梅鉢)の形となり、紅白の方が縁起が良いのではないかと
   言うことで、今の形になったんだと
   
   だから、石川県金沢に古くから伝わる 正月の和菓子なのです。
 2013年吉日

  お正月になると、普通に買ってきて食べる福梅
  「今年は、お餅が美味しい越山甘清堂さんの福梅にしよう。」
  と、言いながらストアで手軽に買ってくる。
  
 c92830.jpg
                                     越山甘清堂さんの福梅

 食べながら、
 「福梅って、なんでお正月になると、いろんな金沢の和菓子屋さんで
  売り出すんだけど、みんな同じなのかな?」
  
   と、素朴な疑問を抱いてしまった・・・・・
 
  そうなると、元々和菓子が大好きなやーくん
  めちゃくちゃ対応が早く、もう次の日には
  
 c92831.jpg
  茶菓子工房たろう           柴舟小出
  浦田甘陽堂              村上製菓所
  森八                   諸江屋

 上に写真に写っている福梅は、1個づつ買うことが出来る福梅です。
 ちなみに今回は、お土産屋さんがいっぱいある
 金沢駅の金沢百番街で買って来ました。
 
 c92832.jpg
        そうやった、白山市にある雅風堂さんも追加して
 
 c92834.jpg
   中の福梅はこんな感じ
 
 c92835.jpg
  中を切ったら、粒餡がびっしり詰まってます。

   この後、金沢の福梅を紹介するのですが
   福梅って、金沢ではお正月の縁起物なので
   価格と味の評価は、書かないよ(^^)/

   だって、毎年
   「今年は、どこどこの福梅にしようか」と 
   言いながら、金沢の美味しい和菓子屋さんの味を楽しめるし
     
   それとね~

   いろんなお店の福梅を味わって食べてたら、
   お店ごとに皮の食感から餡の味まで、すべてに特色があって
   一概に評価なんて出来ないのです。

   「このお店はこの和菓子を主に作っているから
    福梅は、その特色を生かしたこの皮でこの餡なのか」とか
 
   「このお店の和菓子って、この様な場所で主にタ食べられるから
    福梅は、この様になってるのか」 とか
  
    福梅は、考えると奥が深いかもよ
 
 *****************************************************************************
                                           柴舟小出 


 c92836.jpg

 c92848.jpg
  
 c92849.jpg
 
 ****************************************************************************
                                           村上製菓所 

 c92837.jpg
 
 c92846.jpg 

 c92847.jpg
 
 ******************************************************************************

                              諸江屋 福梅

 c92838.jpg
 
 c92844.jpg 
 
 c92845.jpg
  
  *****************************************************************************
                  たろう

 c92839.jpg 
  
 c92850.jpg 
 
 c92851.jpg 

 ******************************************************************************
                                         浦田甘陽堂 

 c92841.jpg
 
 c92852.jpg
 
 c92853.jpg
 
 ****************************************************************************
                                       森  八
 
 c92842.jpg
 
 c92854.jpg

 c92855.jpg

 ******************************************************************************
 
 金沢って、すっごく沢山の和菓子屋さんがあるから
 お正月に限らず、色々な種類の美味しい和菓子を食べるのです。

  金沢に住んでいる人は、気が付かないと思うけど
  京都と同じぐらい金沢の美味しい和菓子が沢山あのだそうです。
  なんて、私の知ってる和菓子屋さんが話してました。
  
 で、ついでに
    京都でお正月に食べる 和菓子は

 c92856.jpg
                             月天心さんの花びら餅

  はなびら餅なんですよね。
  こちはら京都に限らず一般的にお正月食べるのです。
 
   私はこれだけは、昔から嫌いなのです。

    「なんで、和菓子にまで
      私の大嫌いなゴボウが、侵略しているわけ!」 と
    
    小さい頃から、許せない和菓子なのです。
    それもお正月早々から、出てくるし
 


居酒屋 ひの木
2012年12月30日 (日) | 編集 |
【店  名】  居酒屋 ひの木
【住  所】 石川県金沢市窪6-15クレンビル1F
   
【電  話】 076-241-3165
  
【営業時間】   17:00~23.:00 
        
【定休日】 不定休
c92584.jpg
  
      割烹料理、居酒屋
 
      食べ放題のお店ではありません。
    
 2012年12月29日 PM 17:30
 
  またまた、今回も食べ放題のお店には行かず
  美味しいお店を求め

  工大前の道をひたすら山側へ、
  赤十字を過ぎたあたりから、結構不安になりながら
  交差点を直進して 「ここを過ぎたあたりの右側? 左側?」

    と、突然
     「ジジ、右側を見て~~」  と やーくんが

    私は、キングギドラが・・・・ 首3本無いんだぞ!
 
  c92586.jpg
   
    「あった! あった!居酒屋 ひの木さんの看板 見っけ!」

    車をお店の前にある駐車場に止め
 
 c92587.jpg
  玄関を開け、靴を脱いでお店の中へ
 
   おかみさんがすっごくやさしく、
   私たちをカウンターの中央の席に案内してくれました。
 
 c92588.jpg
  
  だから、目の前におでんが、ド、ド、ド っと おいてあるのです。

  おかみさんがすっごく話しやすくて
  「ひの木さんのお料理、一度食べてみたくって・・・」って、
  なんて話してると
  後ろから、すっごい気さくな話しやすいおっちゃんが出て来て
  「全然、たいしたこと無いよ~」と、にっこにこしてるし
  すっごく、アットホームな感じで~す。

  おっちゃんに「お料理の写真を写しても良いですか?」と
  言った時も、冗談言いながら 、やさしく
  「写真撮るほどのお料理じゃ無いけど、いいよ!」
  と 言ってくれたし
  
  ほんとに家にいるような感じで、全く気が張らない
  すっごく不思議な安らぎ感が、お店の中に漂ってま~す。
 
 c92589.jpg
  
  「おおお!」 っと おすすめのメニューを見ながら
    すご~ 冬のお料理がいっぱ~~~ と 感激し

 c92590.jpg
   何から注文しようかな~~~
 
 c92591.jpg
 
    メニューを見ながら思ったんだけど
    一品一品のお値段が思ったより安いし

  それと、やーくんの車で来るんだった~ と、後悔

        お酒、飲めないし~~~~
 
 c92592.jpg
  最初はおでんの盛合せ 500円
  
   コトコトに煮込んであって、だしがしみて柔らかくて、
   すっごく美味しいです。
   バイ貝も入って、アツカンで軽く一杯って感じで
   おおおお、お酒が飲みたいよ~~

 c92593.jpg
  小バイ貝 300円で~す。
  私の大好物なので、割烹料理屋さんでは必ず食べてるかな
  でも、300円でこんなに沢山出たのは初めて
  (普通は、つき出し風に3個ぐらい)

   バイ貝の身の色を見ると分かるけど
   いい感じに、味が身に入ってて美味しい~~~
 
 c92594.jpg
  ふぐ皮 400円

  昔、山口とか福岡で飲んでいた時、
  必ず頼んでいた一品だったので、すっごく懐かしいです。
   
  まさか、金沢でふぐ皮を食べれるとは思いもしなかったので
  一人で思い出に浸って食べてます。

     夜中、仕事が終わって、見知らぬストアでサバふぐを買い、
     一人寂しくビジネスホテルで食べた事とか・・・・  暗い 暗い思い出
  
  c92595.jpg
   お造り盛合せ 800円

   すご~~~~
 
 c92596.jpg
  おいしそうでしょう。
 
 c92597.jpg
  鯛皮も、すっごく美味しい
 
 c92598.jpg
 
  ハタハタの煮おろし

    北陸の冬の味ですよね
    雪が降り出したころ獲れる子持ちハタハタと
    だいこんおろしの取り合わせ
    
    ハタハタって、骨が柔らかのでそのまま食べる事も出来るし
    お魚が好きな人はたまらない味みたいです。
    
    やーくん、お魚好きだから頭以外はすべて食べ
    私はゴムまりみたいな卵を2.3個だけ

 c92599.jpg     
  牛スジの煮込み 350円

  私のテーブルの前で煮込まれてるから、すっごく気になってて
  2個注文しました。 
 
 c92600.jpg
  すっごく美味しそうすでしょう。
 
 c92601.jpg
  お肉が、とっろとろで美味しい~~~

  昔は家でよく近江町でスジ肉買って作ったのですが、
  年々スジ肉が高くなって、最近では作る事もしなくなったけど
  これ食べてたら、また作りたくなって来ました。
 
 c92602.jpg
  白子の天ぷら 600円

 白子の天ぷらは、この季節には必ずどこかで1回は食べてる
 私たちの大好物、すっごく美味しいのです。
 
 c92603.jpg
  きりたんぽ鍋 600円

  秋田の郷土料理 
  比内地鶏、ごぼう、ネギ、セリ、まいたけ、たんぽが
  入ったのを数回食べた事があるんだけど

  私的には、ひの木さんのきりたんぽ鍋の方が美味しい
  北陸の味に染まって来たのかな
 
 c92604.jpg
  すっごい寒い日、雪を見ながら熱々のきりたんぽ鍋を食べるのが
  一番美味しいよね。
 
 c92605.jpg
  ブリ大根 400円

  これは北陸の料理でしょう。
  一口食べて、うお~~~ 美味しい~~~!
  ぜんぜん生臭くなくて、だいこんとろ、とろで
  柑橘系の香りがして、たまらなく美味しいです。

  私去年、何度かブリ大根のお料理に挑戦したのですが
  生臭くなっちゃって、「今年は作るのよそうかな」 と
  思ってたんだけど、 

  ひの木さんのブリ大根を食べて
  今年も、挑戦してみる気になりました。
  
  おいしいお料理食べると、家でも作ってみたくなりますよね・・
  これって、私だけかな???
 
 c92606.jpg
  カキフライ 500円

  今年は、例年に無くかき貝を食べる機会がなかったので
 
 c92607.jpg
   
   最後に、牡蠣フライを食べ

     お腹いっぱいになって、
     今日のひの木さんでの食事は終了
 
  帰り際、玄関先まで送ってくださった、おかみさんに
  「また来るね」と、気さくに話して出てひの木さんを後にしました。
 

  私的に、ひの木さんって
  こじんまりした、アットホームな気さくなお店
  お料理もすっごく美味しくて、居酒屋さんと言うより割烹屋さん

   古き良き、昭和のやすらぎに出会えたお店
   1度行くと、また行きたくなるお店かな


  そうそう、で  いくらかかったのか気になるでしょう


     私たちの今回支払った金額は 6,190円でした。
     内容からすれば、すっごく安いと思うんだけど・・・・